金属切削加工の方法は旋削加工・フライス加工・穴あけ加工がある

  • TOP
  • コラム
  • 金属切削加工の方法は旋削加工・フライス加工・穴あけ加工がある

金属切削加工の方法は旋削加工・フライス加工・穴あけ加工がある

金属切削加工の方法は、円筒型の金属を加工する旋削加工(ターニング)と、四角い金属を加工するフライス加工(ミーリング)、穴をあけたりねじ穴を開ける穴あけ加工(ドリリング)の3種類の方法があります。

ここでは、これら3種類の金属切削加工の方法を解説します。外山精機工業株式会社では、旋盤加工、大型NC旋盤加工やマシニング加工、フライス加工などの切削加工を行っております。

円筒型の金属を加工する場合~旋削加工(ターニング)~

旋削加工(ターニング)は、円筒型の金属を旋盤のチャックで挟み、ハンドルでバイトを動かすことによって、チャックで挟んだ円筒型の金属を加工することができます。旋削加工は手動で行う方法と自動で行う方法があり、NC装置を搭載している工作機械を使うと、自動的に旋削加工ができます。

旋削加工では外径加工とねじ切り加工、内径加工、突切り加工などをすることができ、様々な方法で金属を加工することが可能です。

四角い金属を加工する場合~フライス加工(ミーリング)~

四角い金属を加工する場合~フライス加工(ミーリング)~

フライス加工(ミーリング)は、フライス盤と呼ばれる工作機械に取り付けられた切削工具が回転することで、思い通りに金属を切削することができます。材料となる金属はフライス盤のテーブル上に固定されており、ハンドルを回転させるとテーブルが動き、工具で金属を切削するという仕組みです。

フライス盤は手動で動かしますが、NC装置が付いているフライス盤は自動操作することができます。フライス盤を使用すると、平面切削と側面切削、溝加工などを行うことができ、金属を思い通りに加工することが可能です。

穴をあけたりねじ穴を開ける場合~穴あけ加工(ドリリング)~

穴をあけたりねじ穴を開ける場合~穴あけ加工(ドリリング)~

金属の材料に穴をあける場合は、穴あけ加工が行われます。穴あけ加工はドリルが回転することで穴があくという仕組みですが、ドリルで小さな穴をあけ、リーマという専用工具を使って穴を広げます。

リーマは様々な大きさのものがあり、リーマの大きさを変えることで、穴の大きさを簡単に変えられます。

穴あけ加工で使用される工作機械のことを「ボール盤」といい、ボール盤のテーブルの上に加工をする金属を固定させ、ドリルで回転させて穴をあけます。

このように、金属切削加工の方法は旋削加工とフライス加工、穴あけ加工の3種類の方法があります。これらの方法で金属切削加工をするには、フライス盤やボール盤などの工作機械が必要になってきます。

外山精機工業株式会社はこれら3種類の金属切削加工に対応しており、お客様の要望通りに金属加工をすることが可能です。大型NC旋盤加工やフライス加工など、金属加工の依頼ならまずは外山精機工業株式会社にご相談ください。

単品・小ロット加工のご希望など様々なご要望にお応えできるよう相談を承っております。

フライス加工やNC旋盤加工なら外山精機工業株式会社

社名 外山精機工業株式会社
所在地 〒447-0872 愛知県碧南市源氏神明町150
TEL 0566-41-1411(代)
FAX 0566-41-3025
E-MAIL info@toyamask.co.jp
URL https://www.toyamask.co.jp