金属部品の加工方法は機械加工・熱処理加工・表面処理がある

  • TOP
  • コラム
  • 金属部品の加工方法は機械加工・熱処理加工・表面処理がある

金属部品の加工方法は機械加工・熱処理加工・表面処理がある

金属部品の加工方法は、「機械加工」「熱処理加工」「表面処理」に分けられます。それぞれ特徴があり、どんな部品をつくるかで加工方法も異なります。ここでは、これら3種類の金属部品の加工方法について説明をいたします。金属加工を依頼しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

外山精機工業株式会社は提携会社と連携しており、全ての加工方法に対応できます。大型NC旋盤加工・マシニングセンタ切削加工・フライス加工など、各種加工のご依頼はお気軽にお問い合わせください。迅速に対応をいたします。

機械加工とは?

機械加工とは?

機械加工とは、金属素材を設計図に記載されている通りの形状に加工することです。機械加工はさらに成形(変形)・付加加工・除去加工・結合に分類することができます。

「成形」は金属素材を型に入れて所定の形状に加工する方法で、成形には熱や圧力などを用います。プレス機により、大量生産が可能です。塑性加工や鋳造などが「成形加工」と呼ばれます。

「付加加工」は材料を付け加えて所定の形状を作る加工です。例えば、溶接により剛性を付け加えたり、メッキにより耐腐食性を付け加えたりすることができます。

「除去加工」は不要な部分を除去し加工する方法です。マシニング加工やフライス加工などは除去加工の一つであり、形状の自由度が高く高精度な部品が作れるという特徴があります。

「結合」は部品を結合させて形状を作る加工のことです。熱などを利用して溶かし接合させる加工です。

おおまかに説明をすると機械加工は上記のような分類となっております。外山精機工業株式会社では、機械加工に関する相談を承っております。ぜひお問い合わせください。見積もりの依頼もお待ちしております。

熱処理加工とは?

こちらでは熱処理加工の解説をいたします。

熱処理加工とは、高低温の熱で組織を改質・改善させることです。全体熱処理と表面熱処理に大別されます。全体熱処理は部品の組織全体を改質させることが目的であり、熱処理と特殊熱処理の2つの加工方式があります。

表面熱処理は、部品の表面を改質させることで、表面焼入れと熱拡散処理の2つの加工方式に大きく分けられます。表面焼入れの方法には、高周波焼入れやレーザ焼入れ、電子ビーム焼入れなどがあります。熱拡散処理には、浸炭窒化焼入れや窒化処理、浸炭焼入れなどの加工手法があります。

表面処理とは?

表面処理とは?

表面処理とはなんでしょうか。

表面処理とは、部品の表面に加工を施すことです。めっきや塗装などが表面処理に当たりますが、その他にも多様な加工方式があります。表面処理は、電気化学処理と塗装、物理的表面処理があります。いずれの方法も部品の表面に膜を形成することで部品を保護します。

電気化学処理には、めっきと化成処理、陽極酸化があり、塗装は流動性塗装と粉体塗装があります。物理的表面処理はショットブラストと呼ばれる加工方式があり、部品表面の改質が図れます。

機械加工の会社をお探しならフライス加工(フライス盤作業)などを行う外山精機工業株式会社に見積もりの依頼を

金属部品の加工方法は3種類に分けられますが、加工方法はさらに細かく分類され、最適な方法を使って金属部品は加工されます。金属加工を行っている会社によって、フライス加工や熱処理加工など得意とする加工が異なりますので、見積もりを依頼前にきちんと確認しましょう。

外山精機工業株式会社は機械加工の会社であり、あらゆる種類の機械加工に対応しております。熱処理加工や表面処理も提携している協力工場で行うことができます。エンドミルという切削ツールを使用したフライス加工(フライス盤作業)や大型NC旋盤加工など、様々なご要望にマッチした機械加工をご提案しております。

機械加工は電力径や自動車系の加工が主ですが、豊富な実績とノウハウを活かし様々な業種に対応いたします。医療系などのまったく違った業種の方からのお問い合わせも、しっかりと検討させていただきますので、まずはお気軽に見積もりをご依頼ください。

機械加工・フライス加工なら外山精機工業株式会社

社名 外山精機工業株式会社
所在地 〒447-0872 愛知県碧南市源氏神明町150
TEL 0566-41-1411(代)
FAX 0566-41-3025
E-MAIL info@toyamask.co.jp
URL https://www.toyamask.co.jp